中国国家工商総局は、「香港・マカオのサービス提供者は内陸で商標代理業務を行うことに関する暫定規定」を新たに制定した。

当該規定により、2005年1月1日より、香港・マカオのサービス提供者は、内陸で合併企業、合作企業、または独立資金企業のかたちで株式会社を成立し、商標代理業務を行うことが認められる。

その際に、審査部門の承認をもらい、会社所在地の工商行政管理局に登録手続きをしなければならない。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。