中国国家知識産権局がこのほど2005年上半期の特許・実用新案・意匠の出願状況及び登録状況について発表した。 2005年1月~6月では、特許・実用新案・意匠の出願件数が199,885件で、前年同期に比べ18%増えた。そのうち、国内からの出願件数が153,926件で、前年同期比15%増であり、国外からの出願件数が45,959件で、前年同期比31%増であった。(内訳は表1参照)

表1

内訳

出願件数(件)

前年同期比

特許

77.240

26%増

実用新案

59.555

3%増

意匠

63.090

25%増

また、2005年上半期の特許・実用新案・意匠の登録件数は109,475件にのぼり、前年同期に比べ30%増えた。そのうち、国内からの出願の登録件数が87,854件で、前年同期比35%増であり、国外からの出願の登録件数が21,621件で、前年同期比12%増であった。(内訳は表2参照)

表2

内訳

登録件数(件)

前年同期比

特許

26.685

14%増

実用新案

38.916

36%増

意匠

43.874

36%増

<中国国家知識産権局ホームページより>

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。