米国のアップル社のiPODに関する特許出願がマイクロソフト社の特許出願に基づいて拒絶されたことは、前回お知らせしたとおりです。今回は、アップル社の特許がどうゆうもので、どうして拒絶されたのかを検証してみたいと思います。

このiPodに関する特許出願は、Graphical user interface and methods of use thereof in a multimedia playerであって、iPODの操作に関する特許出願である。

下図(Fig. 2)に示すように、楽曲のジャンル(List of Genres202)、ジャンルごとのアーティスト(List of Rock Artists204)、アルバム(Album206)、実体データである楽曲(Song206)を階層的に管理して、ユーザはディスプレイを見ながら、聞きたいジャンル、アーティストなどを選択していき、楽曲までたどり着き、そして楽曲を再生することができる。

さて、このような実施形態に基づいてクレームではどう表現されているかみてみると、まずトップクレームとしてあげられているのは、以下のクレームである。ここでは、第1のオーダーユーザインターフェースにおいて、ユーザが選択可能なアイテムの第1のリストを表示し、そのうちの一つを選択すると、自動的に画面が移り変わり、第2のオーダーユーザインターフェースが表示される、という内容となっている。

1.A method of assisting user interaction with a multimedia asset player by way of a hierarchically ordered user interface, comprising: displaying a first order user interface having a first list of user selectable items; receiving a user selection of one of the user selectable items; and automatically transitioning to and displaying a second order user interface based upon the user selection.

一方、マイクロソフト社の特許出願(Pub. No. :US20040055446)は、下図(Fig.4)に記載されているように、The media library pane 410に、アーティスト、アルバム、トラックが階層構想的に、データが管理されていることが記されている。また、プレイリストのデータが選択されると、処理が実行されるようになっていることも記載されている。

このように階層構想的に管理している点など、両者の特許出願にはいくつか共通点があり、クレーム1についての拒絶の判断は、一応は妥当と思われる。

そのほか、クレーム9、13、26など、クレーム1を、より限定した内容になっているものがいくつかある。例えば、クレーム9の内容を見てみると、クレーム1の内容において、第1のユーザインターフェースで第1のアイテムを表示し、このアイテムは特有のメディアアセットのグループに関連付けられ、第2のアイテムはそれに対応するものに関連付けられているというものである。また、さらに、クレーム13、26といったものもあり、さらに、クレーム1、9より細かに発明の内容を記載したクレームになっている。

この点、詳細な検討はしてないが、クレーム1の内容を踏襲した形をとっているのであれば、拒絶という審査官の判断は妥当であると思われる。

9. In a portable media asset player, a method of selecting and playing a media asset from a group of media assets stored therein, comprising: displaying at a first user interface displayed on the portable media asset player a first number of items each of which is associated with a particular grouping of the stored media assets; receiving a selection of one of the first number of items; automatically transitioning to a second user interface displayed on the portable media asset player based upon the selected one of the first number of items wherein the second user interface includes a second number of items each of which is associated with the selected item.

13. In a portable, pocket-sized multimedia asset player, a method of selecting and playing an multi media asset from a group of multimedia assets stored therein, comprising: displaying at a home interface, a playlist list item corresponding to a number of playlists stored in the multimedia asset player, wherein each playlist is a user customizable group of multimedia assets, an artists item corresponding to all of a number of artists each of which is associated with at least one of the stored multimedia assets, and a songs list item associated with each of the stored multimedia assets; highlighting a desired one of the playlist list item, the artists item, or the songs list item; receiving a selection of the highlighted item; and automatically transitioning to a second interface based upon the selected item.

26. In a portable, pocket-sized multimedia asset player, a hierarchically ordered graphical user interface accessible to a user suitable for receiving user supplied inputs that facilitate selecting a multimedia asset stored therein, comprising: a first order interface having a first number of user selectable items; a user activated first selection tool suitable for selecting at least one of the first number of user selectable items; a second order interface having a second number of user selectable items based upon the selected at least one of the first number of user selectable items; and a user activated second selection tool suitable for selecting at least one of the second number of user selectable items, wherein when the first selection tool selects the at least one of the first number of user selectable items, the first order interface automatically transitions to the second order interface.

050829_okiyama_01

050829_okiyama_02
US20040055446(英文:アップル社)

US20030221541(英文:マイクロソフト社)

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。