特許文献を調査分析するためのツールを紹介します。

ライバル企業の特許権侵害の防止などのために特許公報等の特許文献の調査分析は大変重要になっています。しかしながら、特許文献は文体が独特であり量も膨大であるため、担当者が文献を読んで調査解析するには大変な手間がかかってしまいます。これらの手間を軽減する、特許文献を調査分析するためのツールを紹介します。現在、各企業から販売されており、利用可能なソフトウェアとしては以下のようなものがあります。

これらのツールは、例えば、テキストマイニングやデータマイニング等の技術を用いて、技術の理解がスムーズになるようにわかりやすく表示したり、自動的に技術分野毎の統計をとって表示したりと、短時間での特許分析を可能にします。なお、各ソフトウェアの詳細については、リンク先をご覧ください。

また、上記のツール以外にも、特許の分析をサービスとして行っている企業も多くあり、本年(2005年)の特許・情報フェア&コンファレンスでは、多くの企業からツールやソリューションの紹介が行われました。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。