米国でモバイルデータ接続技術ついての特許侵害事件が起こったようです。ここでは、どのようなモバイルデータ接続技術に関する特許であるか見てみることにします。

この特許侵害事件では3件の特許が侵害されたとしていますが、そのうちの一つであるUSP6,085,192 “System and method for securely synchronizing multiple copies of a workspace element in a network”を見てみることにします。 この特許は、クレームが25個からなるものであり、そのクレーム1は以下のとおりとなっています。

1. A computer-based method comprising the steps of:

(a) generating first examination results from first version information which indicates whether a first workspace element stored at a first store within a firewall has been modified;

(b) generating second examination results from second version information which indicates whether an independently-modifiable copy of the first workspace element has been modified, the copy being stored at a second store outside the firewall;

(c) initiating steps (a) and (b) from within the firewall when predetermined criteria have been satisfied;

(d) generating a preferred version from the first workspace element and from the copy based on the first and second examination results; and

(e) storing the preferred version at the first store and at the second store.

この発明の内容は、ネットワークにおいて、ワークスペースの複数のコピーを安全に同期させるシステムおよび方法であって、ファイアウオールの内外のそれぞれに記憶されているバージョン情報(修正されたか否かを示す情報)に基づいて、新たなバージョンを生成して記憶するものです。

と書いても、何のことか分かりづらいですが、その明細書には、「信頼できる第三者を使用して、ネットワーク全体にわたって電子メールを同期させることができる。したがって、例えば、職場サイト、家庭サイト、および大域サイトを維持するユーザは、すべての3つのサイトの間でeメールを同期させることができる。したがって、この外回りのユーザは、アドレスされたサイトから離れた位置にいる間にeメールにアクセスし応答することができる。このシステムおよび方法はインタネットを介して動作するので、同期は任意の距離から行うことができる。」ということが記載されております。つまり、電子メールを閲覧する際に、職場、自宅などいろいろの場所からアクセスした場合でも、その内容を同期させることができる、という点にこの発明の特徴があるものと思われます。

クレーム自体は分かりづらいものですが、確かに、モバイルデータ接続技術にとっては、重要な特許のように思えます。ほかの特許については、機会があれば、その内容を見てみたいと思います。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。