日本弁理士会産業競争力推進委員会は、12月12日に中国知的財産制度セミナーを開催し、2月27日にそのテキストを日本弁理士会のHPに掲載しました。

セミナーは以下の5つのテーマに沿って開催されました。

  1. 中国特許侵害判定の基本原則の適用
  2. 中国コンピュータプログラムに関する発明特許出願の審査基準について
  3. 中国意匠無効審判における証拠及び類似判断の審査実務
  4. 日中の部品意匠保護の裁判例による比較
  5. 中華商標協会の鑑定センターについて

該テキストは125頁にわたる詳細に纏めただけでなく、均等論や類似の判断などホットの話題も提供しています。一般の方もご覧になれますので、興味のある方はぜひご一読ください(http://www.jpaa.or.jp/) 。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。