知的財産戦略本部会合で、「知的財産推進計画2006」が決定されました。

2003年に知的財産戦略本部が発足し、第1期目の知財改革がスタートしました。第1期知財改革の開始から3年が経過した今年は、第2期の知財改革のスタート年であり、第2期(今後3年間)の重点事項として、以下の内容が決定されました。この重点事項は「知的財産推進計画2006」 に記載されています。

  1. 国際的な展開
  2. 地域への展開及び中小・ ベンチャー企業の支援
  3. 大学等における知財の創造と産学連携の推進
  4. 出願構造改革・ 特許審査の迅速化
  5. コンテンツの振興
  6. 日本ブランドの振興
  7. 知財人材の確保・ 育成

なお、これらの詳細については、以下のホームページを確認してください。

URL:http://www.ipr.go.jp/index.html

 

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。