インターブランド社とニューズウィーク社は、7月28日、2006年度世界ブランド価値トップ100(The BusinessWeek/Interbrand Annual Ranking of the 2006 Best Global Brands )を発表しました。

これによると、1位はコカコーラで、 2位がマイクロソフト、 3位がIBMで、 トップ3は前年と変わらずでした。

日本企業でみると、7位のトヨタが最高で、 前年の9位からランクアップしています。

その他、

19位にホンダ (前年19位) 、

26位にソニー(前年28位) 、

35位にキャノン (前年と変わらず)、

51位に任天堂 (前年50位)

77位にパナソニック (前年78位) 、

90位に日産 (前年85位) 、

92位にLEXUS (前年なし)

がランクインしています。

トヨタについては、社名の「トヨタ」だけでなく、ブランド名の「LEXUS」 もランクインしており、(主として北米の)レクサスブランドの強さを示すものといえます。

一方、国別でみると、ランクインしたブランド数が圧倒的に多いのがアメリカで、51ブランドもランクインしています。その後は、ドイツ(9ブランド)、日本・フランス(8ブランド) 、イギリス(6ブランド) と続きます。

インターブランド社によるブランド価値評価は、一定期間における決算データや、そのブランドが将来稼ぎ出すであろう利益等が基になります。商標の世界でも「ブランド化」がキーワードとなることが多いのですが、マーケティング活動の成功こそが、ブランド化への第一歩ということでしょうか。

 

詳細は、下記のインターブランド社のホームページから参照できます。http://www.interbrand.com/press_room.asp?language=japanese

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。