特許庁が平成19年度関連出願連携審査の説明会を開催します。9月5日に名古屋、9月6日に大阪、9月11日に東京で開催されます。

関連出願連携審査は、相互に関連する出願を関連出願群として一括して審査するものです。関連する出願について統一した判断基準でまとめて審査を受けることができます。希望により技術説明、面接審査、出張面接審査等を行うこともできますので、関連する発明について効率的かつ的確な権利化を図る観点から、上手に利用すれば出願人にとってもメリットのある制度である思われます。2004年度の実績では、167社、19,177件の出願について関連出願連携審査が行われたそうです。

関連出願連携審査の適用を受けるためには、毎年9月の募集に応募する必要があります。今年(平成18年)9月に応募した場合、希望により平成19年度に審査に着手してもらうことも可能なようです。

 

詳細は特許庁HPをご覧ください。

平成19年度関連出願連携審査の説明会の開催について

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/t_torikumi/h19_renkeishinsa.htm

参考:平成18年度関連出願連携審査について

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/t_torikumi/h18_kanren_syutugan.htm

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。