10月15日に重慶で、全国整頓規範市場経済秩序領導小組 (全国市場経済秩序の整頓・規範推進グループ)事務局長の向欣氏が、中国は商業的信用、信用証明市場、 及び知的財産権を中心に社会的信用システムの構築を加速していることを表明した。

向欣氏は、重慶で行われた中国商品取引市場創新フォーラムに参加したとき、 社会的信用システムの不健全に起因し、商業的な信用の喪失や知的財産権の侵害行為が起こり、取引コストを増加させ、市場秩序を乱れ、 市場経済の正常な発展及び中国国際貿易のイメージに実質的な損害を与えていることを指摘した。そのため、 国家が信用監督管理制度の構築を加速した。

商業的信用の分野において、 中国は信用の分類によって監督管理の実施をはじめた。国家工商総局は600万社の企業信用登録を保有する監督管理システムを設立し、 企業の信用登録基準に基づいて、市場の監督管理における激励、予備的警告、及び懲罰体制を整えた。関税、食品薬品監督、 品質監督などの部門においても、関連する信用監督観測システムを構築した。現在、国家は工商、国税、及び地方税などの部門、 並びに長江三角区などの地域の間で信用情報の協力・共有体制を進めている。

向欣氏は、国家はまた、企業協会、業界協会、 商会及び様々な仲介機構が積極的に信用システムへの関与をするように進めており、 業界の優勢を利用して企業に対して信用の評価や監督管理を行うためである。同時に、全国で100以上の信用調査機構、 2000以上の信用担保機構を設立した。よりよく市場取引及び知的財産権を保護するため、 反商業詐欺や知的財産権の保護のための情報ネットワークの構築も急ピッチで進められ、全国の50の知的財産権(不法行為について) 報告センターに及ぶ。

向欣氏は、中国商品取引市場は、 現在規模経営から管理のイノベーションへと発展しており、商品取引に付加価値を提供するサービス、消費形態のイノベーション、 商品取引の信用レベルの上昇、ブラント市場の創出などは現時点商品取引市場の競争の核心となっているとの意見を示した。

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。