現在、 中国の公開された又は特許された特許出願及び実用新案出願は151万件あるが、そのうちIT分野の出願が46万件近くあり、 全体の3割以上を占めることが分かった。

11月15日に開かれた 「第3回IT分野特許態勢発表会」では、IT産業部科学技術司の責任者が、 産業及び市場の高速の増長がIT分野の特許出願量の持続的な増加をもたらしたと述べた。そのうち、 コンピュータ及び自動化関係の出願量は、強い勢いで増加し続けている。通信領域の出願の増加率は20%以上である。その他、 放送やテレビ、家庭用電気製品などの出願量も増加し続けている。

この責任者は、またIT分野に関し、 国内からの出願量は外国からの出願量を超えたことを強調した。しかし、技術レベルが相対的に高い出願の割合に関しては、 外国からの出願は依然と多い。

国家知識産権局(中国特許庁) の統計データから、中国において日本、米国、韓国及び欧州を中心とした先進国から大量の特許出願がされ、 関連する分野において一定規模な技術コントロールが形成された。さらに、外国企業は中国における特許戦略を急いでおり、 IT分野は競争の最も激しい分野の一つとなっている。(人民網)

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。