「知的財産検定」を主催する知的財産教育協会が、同検定を国家検定へ移行することを公表しました。

 知的財産教育協会は、現在、厚生労働省所管の国家検定である技能検定制度に知的財産マネジメント業務を検定の対象職種として追加する方向で準備を進めています。2008年からの実施を目指し調整しているようです。この動きは、知的財産に対する社会の意識の高まりを反映したものであるといえるでしょう。

 新検定「知的財産マネジメント技能検定(仮称)」は、現行検定に相当する1、2級と、新設される3級で構成されるようです。各級においては、学科試験と実技試験が実施され、この両方に合格する必要があります。

 現行の知的財産検定の合格者の認定は移行後も有効ですが、現行検定の合格者を新検定の合格者として認定するための移行措置も検討されているようです。

 詳細については、知的財産教育協会のウェブサイト(http://www.ip-edu.org/)をご参照下さい。

以上

 

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。