産業構造審議会において第9回知的財産政策部会が開催されました。

平成19年1月19日、産業構造審議会 第9回知的財産政策部会(部会長:中山信弘 東京大学大学院法学政治学研究科教授) が開催されました。今回の知的財産政策部会では、

  1. 弁理士制度の見直しの方向性について
  2. ライセンシー保護制度の在り方について
  3. イノベーション促進のための特許審査改革加速プランについて
  4. 「戦略的発明管理ガイドライン(事例集)」 <仮称>の作成について
  5. 国際的な取り組みについて
  6. 地域団体商標の出願及び審査処理状況について
  7. 産業活力再生特別措置法等の一部を改正する法律案の概要について

の各議題について議論が交わされました。

この議事録を見ますと、知的財産に関わる各種の問題点が浮き彫りにされ、 将来を見据えた議論が為されていることが分かります。また、この部会は、今後政府等から発表される政策に繋がるものですので、 知的財産部門の方にとっては大変重要な情報になるものと思います。

第9回知的財産政策部会の議事録等は、特許庁のHPをご参照ください。

http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/shingikai/tizai_seisaku_bukai.htm

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。