独立行政法人 科学技術振興機構(JST)が、独創的シーズ展開事業「革新的ベンチャー活用開発」及び「委託開発」の課題を募集しています。公募受付締切日は、「革新的ベンチャー活用開発」が平成19年6月1日、「委託開発」(第2次)が平成19年7月31日です。

JSTは、大学や公的研究機関から生まれた新技術の企業化を支援しており、その一環として「革新的ベンチャー活用開発」及び「委託開発」の課題を募集しています。いずれも、新技術をもとに開発実施企業にJSTが開発費を支出し、開発が成功した場合はJSTに実施料等を支払い、さらに大学や発明者にも実施料が還元される、という仕組みになっています。ただし、開発期間や開発費の規模等が異なっており、「革新的ベンチャー活用開発」は2~5年、年間3千万円に対して、「委託開発」は2~7年、1~20億円です。なお、申請に際しては特許出願(又は特許)が必要となります。

平成19年5月14日に名古屋大学で公募説明会が開催されますますので、関心のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。

詳細は、以下のJSTのサイトをご覧下さい。

http://www.jst.go.jp/kaku-ven/ (革新的ベンチャー活用開発)

http://www.jst.go.jp/itaku/ (委託開発)

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。