欧州委員会は、5月31日付けで「EU税関水際における模倣品・海賊版差止実績2006 (Summary of Community Customs Activities on Counterfeit and Piracy Result at the European Border – 2006) 」を公表しました。

欧州委員会は、水際でのエンフォースメントを強化し、税関と緊密に協力することにより、EU税関水際における模倣品・海賊版差止件数は、2005年差止点数の2倍以上に増加した、との発表をしました。商品も、偽のおもちゃ、サングラス、靴と模造自動車の部品を含む広範囲にわたる製品を含みます。差止実績の主な内容は、以下のとおりです。

(1)差止点数:2億5000万点以上 (2005年の約7600万点に比べ、約230%の増加)

(2)差止件数:36,486件 (2005年の26,704件に比べ、約40%増加)

(3)差止点数の仕出国別:

中国(約86%)

マレーシア(約4%)

アラブ首長国連邦(約2%)

(4)差止点数の種類別:

たばこ(約1億5700万点)

衣類・アクセサリー(約3000万点)

CD・DVD等(約2300万点)

電化製品(約1200万点)

(5)差止点数の権利別:

商標権(約87%)

特許権等(約12%)

意匠権又は著作権(各々1%未満)

詳細は、「Customs: Commission publishes 2006 Customs seizures of counterfeit goods」及び「Summary of Community Customs Activities on Counterfeit and Piracy Result at the European Border – 2006」を、ご参照下さい。

http://europa.eu/rapid/pressReleasesAction.do?reference=IP/07/735&format=HTML&aged=0&language=EN&guiLanguage=en

http://ec.europa.eu/taxation_customs/resources/documents/customs/customs_controls/counterfeit_piracy/statistics/counterf_comm_2006_en.pdf

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。