平成19年度弁理士試験の論文式試験が終了しました。

7月1日に本年度の弁理士試験の論文式試験が実施されました。また、7月22日(日)には、同じく論文式試験(選択科目)が実施されました。受験された皆様、お疲れ様でした。平成14年度に試験制度が改正されて以来、増加の一途をたどっておりました合格者数が、昨年はじめて減少に転じました。これが原因かはわかりませんが、本年度の志願者数は、1万人をわずかに下回っているようです。今年の合格者数も、去年並みか、あるいはさらに減少するかと予想されますが、約2ヵ月後の合格発表が待たれます。

来年度からは、新しい試験制度に移行します。短答式試験の既合格者、論文式試験(必須科目、選択科目)の既合格者等には、一定の免除が与えられるようになります。

試験制度について、詳細は以下のHPをご覧下さい。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/puresu/benrisi_low.htm

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。