世界知的所有権機関(WIPO)から、「WIPO特許報告 2007年版」(Statistics on Worldwide Patent Activity (2007 Edition))が発表されました。

報告によれば、2005年の世界の特許出願件数は約166万件(前年比7%増)であり、特許出願の世界的な増加傾向が継続しています。その他、地域別の出願件数の推移、居住者/非居住者別の統計などが詳細にまとめられています。

なお、この報告に記載されている2005年においては、地域別の出願受付件数は日本が1位、米国が2位でしたが、2006年に39年ぶりに逆転して米国が1位になったようです。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070810AT2M1000710082007.html

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。