平成19年度弁理士試験の論文式試験の合格者が発表されました。

去る9月20日、平成19年度弁理士試験の論文式試験の合格者が発表され、589名の方がめでたく合格されました。弊所でも3名が合格し、次の口述式試験に臨みます。論文式試験の合格者数は平成17年をピークに減少傾向が続いており、一方で口述式試験の不合格率は10%程度にまで増加してきています。数字だけを見ると、口述式試験も「落とす試験」に近づいてきていますが、論文式試験を通過した方であれば知識は十分ですので、試験官の質問に落ち着いて受け答えする、ということを念頭に入れ、試験日までに十分な練習を積んでおけばよいかと思います。弁理士の各会派や受験機関が主催する練習会に参加し、試験の雰囲気に慣れておくのも有効です。受験生の皆さん、最後まで気を抜かずに、きっちり最終合格をつかんで下さい。

論文式試験の合格者の一覧はこちら↓
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/benrishi/benrishi2/h19_ronbun_goukaku_menu.htm

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。