英国で、2007年10月1日より、いわゆる「相対的拒絶理由」を発送しない、新しい審査運用が開始されました。

(1)審査レポート

新しい審査運用の下においても、英国知財庁は抵触する先行商標の審査を行いますが、「審査レポート」により抵触する先行商標を通知するのみで、「拒絶理由」は発送されません。

(2)審査レポートへの応答

審査レポートを受領後(2ヶ月以内)、出願人には、引用商標と出願商標とは混同が生じないとの意見や、指定商品/役務の補正の機会が(1回に限り)与えられます。これにより、相対的拒絶理由が解消すれば、先行商標の保有者に対する後述する「出願商標の公告の通知」を回避することができます。

(3)出願商標の公告と先行商標の保有者への通知

英国知財庁は、出願商標の公告に際し、引用した先行商標の保有者のうち、(1)「英国国内商標」及び「英国を指定した国際登録商標」及び(2)「CTM商標」及び「EU全体を指定した国際登録商標」のうち、「出願商標の公告通知」の受領を希望することを選択した者(これを「opt in」と呼んでいます。)のみに、公告の通知を行います。

これにより、先行商標の保有者は、出願商標に対する異議申立の機会を得ることとなります。

*なお、「CTM商標」及び「EU全体を指定した国際登録商標」の保有者が、いわゆる「opt in」を希望する場合は、(3年間分の費用として)1商標につき50ポントを納付する必要があります。この「opt in」 は、更新することができます。

(4)異議申立て及び登録

先行商標の保有者は、出願商標の公告後(3ヶ月以内)、異議申立をすることができます。(ただし、異議申立人は、引用先行登録商標の使用の事実を示さなければなりません。)

異議申立期間中に異議を受けなかった場合には、異議申立期間の経過後に、出願商標は登録されます。

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。