今年度、特許庁では、産業財産権制度に関する調査研究の一環として「コミュニティパテントレビュー」の試行が実施されています。そして、現在、特許出願のレビューを行なう研究者、技術者、知財担当者等のレビュアーの募集が行なわれています。

コミュニティーパテントレビュー(CPR)とは、企業や大学等の研究者・技術者等からなるコミュニティが、インターネット上で、審査中のある特許出願に対する最適な先行技術情報の開示や議論等を行い、その結果有益であるとされた先行技術文献等を審査用資料として特許庁に提出するという取り組みです。

この取り組み(CPR)では、テクノロジーに関する情報が、特許文献、論文、書籍等の様々な形態で世界中に散在するようになってきた中、企業や大学の研究者・技術者等の協力を得て、特許性の判断に有益な情報を収集・活用することができれば、特許審査における官民のワークシェアリングを進め、我が国の特許審査の更なる効率化と質の向上を図るということを目的にしているようです。

CPRに参加するレビュアーにとっては、無効な(新規性又は進歩性がない)特許が発生することを未然に防止し、自己の研究開発の自由度を確保したり、特許出願のレビューを通じて、技術動向等を把握する等の利益があります。

興味がある方、詳細を知りたい方は、以下のURLを確認してください。

URL:http://www.cprtrial-iip.org/

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。