工業所有権情報・研修館において、出願及び審査請求の適正化に資する人材の育成を目的とした平成20年度検索エキスパート研修(上級)(第4回)が実施されます。

研究開発の成果物を特許などの知的財産で保護する重要性はますます高まってきており、効率的、且つ効果的な特許等の取得が望まれています。特許の効率的な取得には、出願前の先行技術調査は不可欠ですが、具体的な開発製品から技術的思想の創作である発明を抽出することは案外に難しく、さらに、抽出した発明に関連する先行技術を的確に見つけるには、多くの経験やノウハウが必要になります。通常、そのようなノウハウを身につけるには長い年月を要しますが、上記の研修は、そのような先行技術調査のノウハウを取得する上で非常に有効だと思われます。興味のある方は、是非、参加されてみてはいかがでしょうか。

上記研修の募集(申請受け付け)は、2月24日(火)の17時まで行われていますが、定員に達し次第、締め切られるようですので、申請を予定されている方は早めに申し込まれた方がよいと思います。

なお、詳細については、以下のURLを確認してください。

URL:http://www.inpit.go.jp/jinzai/expert/20kenshu.jyou4.html

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。