財務省の関税局より、平成21年1月~3月の知的財産権侵害物品の差止実績について公表されました。

公表された内容によると、平成21年の輸入差止実績は、件数で5,749件、点数で252,892点でした。前年同期(平成20年1月~3月)と比較すると、件数については25.0%の減少、点数については5.2%の増加となっています。

また、仕出国(地域)別差止実績としては、輸入差止件数では、中国が4,890件と全体の85.1%を占め、次いで韓国が427件(構成比7.4%)となっており、件数ベースでは、前年同期と比較して中国、韓国共に大幅な減少となっています。

なお、これらの詳細については、以下のホームページを確認してください。

URL:

http://www.customs.go.jp/mizugiwa/chiteki/shihanki/H21dai1shihanki.htm

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。