専利法及び専利法実施細則の改正に合わせて、7月10日に「審査指南(意見募集稿)」が公開されました。該意見募集稿は、専利法改正内容の反映及び具体的な運用を示すものと思われます。主な修正点として注目したいのは、中国でした発明を外国への出願の申請方法やその審査、無効審判において異なる日にした同一発明に付与された特許権の扱い、国内段階における国際出願の審査、拒絶査定要件などが多々あります。該意見募集は8月10日に持ちましてすでに終了しました。新審査基準は10月1日の改正特許法の実施前に公示されると思われます。

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。