著作権の保護期間を、著作者の死後50年から70年に延長しようという動きがあります。

保護期間延長は世界的な流れです。

アメリカでは既に70年に延長されました。

著作権の保護期間は、創作者の孫の代まで利益を享受できるように、との趣旨で設定されたと言われています。

となると、医療技術の進歩で寿命が延びた今、保護期間を延長するのは自然の流れと言えるかもしれません。

しかし、当のアメリカでさえ保護期間の延長は、ミッキーマウス保護法と揶揄される始末。

さすがに長過ぎると世界中で叩かれました。

ところが、です。

実は著作権法の世界では、ミッキーマウスよりもピーターパンの方が長生きだったりします。

ピーターパンの著作者であるジェームズ・バリーは1937年に死亡しているので、その著作権は1987年に消滅したはずでした。

しかし、イギリス国会は1988年に著作権法を改正し、ピーターパンの著作権を期限なしで復活させたのです。

つまり、延命ではなく、死者を復活させた上に、不老不死にしてしまったのです。

なんという荒業!

でも、ミッキーマウスの延命は散々に叩かれたのに、ピーターパンは一切叩かれませんでした。

この差は、どこにあるのでしょうか?

実はジェームズ・バリーは、生前、ピーターパンの許諾料を小児病院に寄付していました。

ピーターパンの著作権が切れると、病気の子供たちが困るのです。

そこで、イギリス紳士の粋な計らいでピーターパンの著作権が復活した、という経緯がありました。

つまり、万人が納得する形ならば、永久の著作権を認める余地もあるのです。

では、次に永久著作権が認められるとしたら、それは誰のどの作品でしょうか?

実は私、個人的に目星を付けているんです。

名作かって?

逆ですよ。

20世紀最悪の書。

アドルフ・ヒトラーの「我が闘争」です。

ドイツでは、連合軍よりヒトラーの著作権管理を任されたバイエルン州政府が、その著作権を利用して「我が闘争」を事実上の発禁扱いとしています。

しかし、ヒトラーは1945年に死亡しているので、著作権は2015年に切れてしまいます。

となると、ネオナチが大喜びで「我が闘争」を出版しかねません。

そこで何らかの措置によりヒトラーの著作権が延長されるのでは?と睨んでいるわけですが。

さて、どうなるんでしょうね?

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。