ドイツのバス・メーカーであるネオプラン社は、「車(バス)」の意匠特許権に基づいて、中国国内のバス・メーカーである中大社らに対して、バスの製造・販売の停止と、4,000万元の損害賠償を求める訴訟を提起していました。北京市第一中級人民法院は、この訴えを認めて、中大社らにバスの製造・販売の停止を命じるとともに、損害額として、2,116万元(約2億8千万円)の損害賠償を命じる判決を下しました。この判決は、巨額の損害賠償を認めた判決として注目されています。

この訴訟において、被告は原告の登録意匠と被告製品意匠とが類似しないこと、原告意匠権の無効性を主張しましたが、いずれも認められませんでした。判決では、原告の有する意匠特許権の分類、被告の権利侵害の時期・範囲、権利侵害の性質及び事情、侵害製品の販売価格、販売数量等の要素を総合的に考慮した上で、事情を斟酌して損害賠償額を認定したと判示しています。

原告の登録意匠、被告製品意匠は下記のサイトを参照ください。

<原告の登録意匠>

http://search.sipo.gov.cn/sipo/zljs/hyjs-browsewg.jsp?recid=CN200430088722.4&leixin=wgzl&title

<被告製品意匠>

http://www.chinacourt.org/html/article/200901/20/341206.shtml

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。