審判廷を見学してきました。

8月24日付け「知的財産TOPICS」で、特許庁の見学について紹介いたしましたが、先日、私も弁理士会の研修でこの見学に参加してきました。

この見学では、特許庁16Fにある審判廷を見る事ができます。

この審判廷は、通常の法廷に比べて、白を基調とする明るい色で作られており、また、審判長等が着座する机の高さも、通常の法廷に比べて、低くされております。

庁職員の方の解説によると、

「審判の審決は文書をもって行われるため、口頭審理終了後に結論を言い渡すことはありません。すなわち、口頭審理は、原告被告がお互いに活発に議論する場であるといえます。活発な議論は、リラックスしていなければ行う事ができません。

白を基調としたり、机の高さを低くしているのは、余計な威圧感を取り払い、活発な議論をして頂くためです。なお、法衣は、黒ではなく紺を採用しておりますが、これも同様の趣旨です。」

とのことです。

こんな工夫がされているとは驚きです。

なお、当事者系審判は、原則、口頭審理であり、公序良俗を害するおそれがなければ、審判の公平性を担保するために公開されます。

このため、特許庁の見学以外でも審判廷を見る機会はあります。

開廷の予定については、特許庁本館1階ロビーに1カ月分の開廷予定表が掲示されます。

また、インターネット(特許庁ホームページ)にも掲載されます。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/t_torikumi/kousyo.htm

興味のある審判がありましたら、傍聴してみて下さい。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。