2009年11月12日に京都大学にて「第27回日米欧三極知財シンポジウム」が開催されます。

日本国特許庁(JPO)、米国特許商標庁(USPTO)、欧州特許庁(EPO)は、1983年の第1回長官会合以降、毎年持ち回りで三極特許庁会合を開催してきましたが、27回目の今年の会合は京都で開催されることとなりました。

今年のシンポジウムでは、先端技術をリードする学術研究都市である京都でシンポジウムを開催することを記念して、産業界のユーザーのみならず大学・アカデミアのユーザーを迎え、新たな視点から三極特許庁とユーザーの緊密な連携に関して議論するようです。

シンポジウムには一般参加も可能とのことです。

詳細につきましては、下記URLをご参照下さい。

特許庁:http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/rireki/what.htm

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。