特許庁では、平成21年11月1日から、「グリーン関連出願」を新たに早期審査・早期審理の対象にすると発表しております。

「グリーン関連出願」とは、グリーン発明(省エネ、CO2削減等の効果を有する発明)について特許を受けようとする特許出願のことをいいます。

その結果、早期審査の対象は、『中小企業・個人、大学等の出願』、『外国関連出願』、『実施関連出願』及び『グリーン関連出願』の4つとなり、早期審理の対象は、『中小企業・個人、大学等の出願』、『外国関連出願』、『実施関連出願』、『第三者実施出願』及び『グリーン関連出願の5つとなります。

これにより、環境エネルギーイノベーションの創出、グリーン社会インフラの強化が期待されます。

詳細につきましては、下記のホームページをご参照下さい。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/torikumi/t_torikumi/souki/greensouki.htm

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。