日欧特許審査ハイウェイ試行プログラム、及び日米欧特許審査ハイウェイでのPCT出願の国際段階成果物の利用が2010年1月29日より開始されます。

これまで、日本と諸外国との間の特許審査ハイウェイ(PPH)は、段階的に10カ国以上の国との間で実施されていますが、欧州特許庁との間ではPPHが未締結でした。

今般、日本国特許庁と欧州特許庁との間の合意により、PPH試行プログラムが2010年1月29日より開始されることとなりました。

また、日米欧の特許庁間において、PCT出願の国際段階成果物(国際調査報告(ISR)や見解書(WO)、国際予備審査報告(IPER))をPPHで利用するプログラムの試行についても合意されました。

これにより、欧米での迅速な権利取得が一層促進されることが期待されます。

詳しくは、特許庁のHPをご参照ください。

http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/pph_epo/nihongo.htm

http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/highway_pilot_program.htm

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。