意匠って何となくマイナーですよね。 でも、実は意匠ほどお得な権利ってないと思うんです。 今回は、そんな意匠の「美味い、早い、安い」系の話です。

まずは意匠の美味さについて。

当然ですが、意匠の効力は特許や商標と同じです。

侵害に対して差止や損害賠償の請求が可能です。

くわえて、意匠は無効になりにくいので、準特104条の3の抗弁が通りにくいメリットがあります。

無効が怖くて権利行使を躊躇う特許権に比べると、これは大きなメリットでしょう。

次は意匠の早さについて。

意匠は、出願から半年で登録です。

何年もかかる特許に比べると、格段の早さです。

ついでに査定率も83パーセントと高率!

創英に頼めばさらに高率の90パーセントです。

特許で補償金請求権を検討するぐらいなら、意匠でとっとと権利化し、権利の空白期間を埋めてしまう方が断然にお徳です。

最後は意匠の安さについて。

意匠の手数料や年金は、特許に比べると安いです。

こんなに旨味があるのに安い!

だったら、意匠を利用しない手はないでしょう。

さあ、如何でしょうか?

意匠って素敵でしょう?

この文章を読んで意匠に興味を持った方がいらしたら、どしどしご相談下さい。

意匠を通じて、皆様のお役に立ちたいと思います。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。