産業構造審議会知的財産政策部会特許制度小委員会(審査基準専門委員会)
第4回の議事要旨が公表されました。

今回の議論の結果、「『進歩性』のケーススタディ」を特許庁のHPにおいて公表するそうです(予定)。

この資料は、進歩性に関する裁判例を取り上げ、審査基準を具体的事例に当てはめる際の留意点をまとめ、審査基準のより良い理解を助けるための参考資料として審査官(補)や制度ユーザーに提供するという位置づけで公表されるようです。

『進歩性』のケーススタディ(案)は、審査基準専門委員会の配布資料のページで公開されております。

http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/shiryou/toushin/shingikai/sangyou_kouzou.htm

資料(案)には、「後知恵」を指摘した裁判例(知財高判平19.3.29(平成18(行ケ)10422「耐水性で発散作用のある履物用靴底」))が含まれており、後知恵の防止という点も意識されたものになっています。

進歩性の判断に興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。