日独特許審査ハイウェイ試行プログラムの実施が、2年間延長されます。

日本国特許庁とドイツ特許商標庁は、特許審査ハイウェイ試行プログラムを平成20年3月25日より2年間の予定で実施してきましたが、この試行期間が2年間延長されることになりました。

また、試行期間の延長に伴い、日独特許審査ハイウェイの対象案件が拡大されます。具体的には、優先権主張を伴わないPCT出願(いわゆるダイレクトPCT出願)の国内移行出願も新たに対象に含まれることになりました。

詳細につきましては、以下のページをご参照ください。

http://www.meti.go.jp/press/20100316002/20100316002.pdf

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。