一時期、中国で「青森」という商標が、第三者によって出願され、公告されていたことが話題となりました。この問題に関して、特許庁から調査結果が発表されました。

特許庁の調査によれば、以下のような結果が得られたようです。

1.第三者の出願に対し、拒絶の決定が下された道府県名:

⇒北海道、福島、千葉、石川、京都、広島、福岡

2.第三者によって既に登録されていたもののうち、取消の決定が下された県名:

⇒秋田、佐賀

3.地方自治体の出願に対し、拒絶の決定が下された県名:

⇒長崎

4.新たに登録・公告がされた府県名:

⇒宮城、秋田、福島、群馬、千葉、富山、石川、福井、京都、山口、宮崎

なお、「外国の地名」であれば、全て登録が拒絶されるわけではなく、「その地名が中国の公衆に広く知られているか否か」が問題となります(中国商標法10条2項)。従って、地名によっては、判断が分かれる可能性もがあるかもしれません。

詳細につきましては、下記のURLを参照下さい。

http://www.meti.go.jp/press/20100610001/20100610001.pdf

以上

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。