対応EP 出願で行った相反する主張を情報開示(IDS)しなかった案件(Therasense, Inc. v. Becton, Dickinson and Co., App. No. 2008-1511, et al)について、11 月9 日に連邦巡回区控訴裁判所(CAFC) 大法廷(en banc)で弁論が開かれました。

不衡平行為についての、「情報の重要性」及び「欺く意図」の比較考量の枠組みは変更されるべきか、についても審理ポイントになっており、審理の動向が注目されます。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。