米国特許商標庁は、年次報告書(Performance and Accountability Report)の2010 年度版を公表した。

出願件数及び審査期間に関するデータは以下の通り。

○出願件数

2007 2008 2009 2010

特許
(Utility)

439,578 466,258 458,901 478,649

意匠
(Design)

26,693 28,217 25,575 28,559

商標
(Trademark)

298,796
394,368
302,253
401,392
266,939
352,051
280,649
368,939

※2010年度は暫定値、商標の上段は出願数、下段は区分数

 

○ファーストアクションまでの期間(上段)

出願係属期間(下段)

2007 2008 2009 2010

特許
(Utility)

25.3ヵ月
31.9ヵ月
25.6ヵ月
32.2ヵ月
25.8ヵ月
34.6ヵ月
25.7ヵ月
35.3ヵ月

商標
(Trademark)

2.9ヵ月
13.4ヵ月
3.0ヵ月
11.8ヵ月
2.7ヵ月
11.2ヵ月
3.0ヵ月
10.5ヵ月

※いずれも平均値、意匠は掲データなし

出願件数については、特許、意匠、商標のいずれも2009年度の件数を上回った。特に、特許と意匠については、リーマンショックの影響から立ち直り、再び上昇傾向に転じたと考えることができる。

審査期間については、特許、商標のいずれもファーストアクションまでの期間に大きな変化はない。その一方で、出願係属期間については、特許は長期化の傾向にあるが、商標は着実に短縮されている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。