欧州特許庁の拡大審判部は、医薬用途発明に用いられてきたスイスタイプクレームを認めないとの判断を含む審決G2/08を2010 年2月19日に下していた。

この審決G2/08が2010年10月28日付け官報にて公表された。これにより、「官報での公表より3ヵ月」とされていた移行期間が2011年1月28日までとなることが確定した。 係属中の出願への遡及適用はないが、移行期間後の新規出願では、スイスタイプクレーム(”use of compound X in the manufacture of a medicament for …”のような形式)の代わりに”a compound X for use in the treatment of …”といった記載が求められることとなる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。