韓流ですが、もはやブームではなく、定着した感すらあります。 確かに韓流は面白い。 私も続けざまに映画「殺人の追憶」「トンマッコルへようこそ」「JSA」を見て、その完成度に唸ったくちです。 邦画は韓流を見習うべきでしょう。 しかし、見習うべきは映画だけではありません。 意匠専門の弁理士である私としては、韓国のデザイン保護法に注目しています。

韓国のデザイン保護法ですが、そもそもは日本の意匠法を参考に作られています。
いわば日本の意匠法の弟みたいなものでした。
しかし、韓国はデザインを重視する知財政策を推進し、日本に先立って次から次へと新制度を導入しています。
例えば韓国のデザイン保護法では、日本の意匠法では保護されない書体なども保護対象です。
また、ダブルトラック制度を採用しており、例えば衣服などの物品分野は無審査登録主義であり、いち早く権利化することが可能です。 特にダブルトラック制度の導入は大いに参考になると思います。
例えば、アパレル業界では、商品の寿命が極端に短い。
なので、登録に時間がかかる審査主義の場合、意匠出願の意味があまりないことも多い。
結果、コピー商品が溢れることになります。
それを考えると、韓国がダブルトラック制度を採用したのは、出願人のニーズを的確に汲んだものと評価できます。

また、韓国はさらにデザイン保護法を改正します(施行日は2012年1月1日以降)。
それによれば、ロゴ、キャラクター、アイコンなど、物品とは離れたデザインも保護対象となりました。
これはかなり思い切った改正です。 日本では意匠は物品と不可分であることが大前提です。
よほどのことがない限り、このような決意は不可能でしょう。

韓国も改正しているから日本も改正しよう、とは思いません。
しかし、韓国のダイナミックさ、そして柔軟さはどんどん見習うべきではないでしょうか?
事実、日本の意匠出願件数はどんどん減っています。
出願人のニーズに合った改正を行い、出願を増やし、そして産業の発達に寄与すべきときが来ているのかもしれません。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。