2011 年2 月8日、第9 巡回控訴裁判所は、商標の希釈化(dilution)等に関する商標権者の主張において、侵害者の標章が当該商標権者の著名商標と「同一又はほぼ同一」であることの立証を要しないとする判断を下した( L e v i Strauss v. Abercrombie & Fitch, Case No. 09-16322)。

2011 年2 月8日、第9 巡回控訴裁判所は、商標の希釈化(dilution)等に関する商標権者の主張において、侵害者の標章が当該商標権者の著名商標と「同一又はほぼ同一」であることの立証を要しないとする判断を下した( L e v i Strauss v. Abercrombie & Fitch, Case No. 09-16322)。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。