韓国におけるデザイン保護法の施行規則の一部が改正された。この改正施行規則は、2011 年4 月1日より適用される。

以下に、改正されたポイントについて説明する。

1. デザイン出願において認められる3D 図面のデータ形式の拡大

韓国のデザイン保護法施行規則においては、2010 年1月1日より、出願図面の形式として、それまでの二次元の画像形式に加えて、三次元の図面データの提出が認められるようになっていた。当時の改正では、そのデータの拡張子が、「3ds」、「dwg」、「dwf」の形式の3D 図面データに限られていた。

今回の改正においては、上記3 つの形式に加えて、「iges」形式のデータの提出も認められるようになった。

ちなみに、日本国の意匠出願においては、二次元の図面データ形式である「jpeg」と「gif」が認められているのみである。

2. 無審査登録される物品の範囲拡大

韓国のデザイン保護法は、実体審査に関して、審査主義と無審査主義を併用している。すなわち、流行性が強くライフサイクルの短い一部の物品については、新規性等の実体的要件を審査せず、早期に権利付与を行うと共に、その他の物品については実体審査を行った後に登録をしている。

上記1と同じく、2010 年1 月1日の施行規則改正によって、無審査登録の対象となる物品の範囲が拡大されたが、今回、さらにその範囲が拡大された。具体的な拡大の内容は、以下の通り。

noma-kankoku

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。