2011 年2 月9 日、特許商標庁は特許の質向上を目的として、特許法112 条に関する補助的な審査ガイドラインを発表した。

今回の審査ガイドラインは、明確性(同条第2パラグラフ)や機能的表現(同条第6パラグラフ)といった請求項の記載に係る事項を含んでいる。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。