2011 年3 月初頭、欧州連合司法裁判所(Court of Justice of the EU)とEU 理事会は、ここ数ヶ月の間に進展を見せているEU 特許制度と欧州および欧州連合特許裁判所に関する判断を相次いで公表した。

まず、欧州連合司法裁判所は、3月8日、欧州及び共同体特許裁判所(European and Community Patent Court)※の創設はEU 条約に適合しないと判断した。

その一方で、2 月の欧州議会による承認に続いて、EU 理事会は、3 月10日、EU 特許創設に関して「強化された協力(enhanced cooperation)」に基づく手続きの利用を承認した。

なお、欧州連合司法裁判所による不適合との判断については、3 月8 日、欧州委員会が「適切な解決法を特定するために慎重に分析する」とのコメントを含むプレスリリースを出しており、今後の進展が注目される。

※現在は、欧州および欧州連合特許裁判所(European and European Union Patent Court)に名称変更

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。