世界知的所有権機関(WIPO, World IntellectualProperty Organization)は、知的財産に対する社会の理解を深め、全世界の経済の発展に寄与した発明者の貢献を記念するために、2001年から毎年4 月26日を「世界知的所有権の日(World Intellectual Property Day)」と指定し、記念行事等を行っている。

110623

なお、4月26日は、「WIPOを設立する条約」が1970年の4月26日に発効したことに由来する。

今年の「世界知的所有権の日」のテーマは、「未来をデザインする(Designing the Future)」である。現WIPO 事務局長のフランシス・ガリ氏は、記念メッセージを通じて、「デザインは実用性と楽しさをつなげ、スタイルを革新に導く」と述べ、デザインの重要性を強調した。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。