2011 年4 月13日、欧州特許庁は2010 年の出願件数統計を発表した。

統計によれば、出願件数は前年比11%増の235,029件となり、過去最高を記録した。国・地域別の増加は、EPC締約国6%増(ドイツ単独は9%増)、米国12%増、日本10%増となっており、数字の上では昨年の落ち込みからの回復を示している。特に、中国は、まだ出願件数全体の5%ではあるものの、前年比54%増と顕著な増加を示した。また、日本からの出願件数は、全体の18%を占める41,917件で、リーマン・ショックがあった2008 年に対しても6%増となっている点は興味深い。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。