欧州において統一的な特許保護を与える制度の創設をめぐる動きが続いている。

2011 年4 月13 日、欧州委員会は、統一的な特許保護に関する2 つの規則案を発表した。概要は、①統一的な特許保護の効力、欧州特許庁が新たに担当する各種の業務など、②翻訳言語に係る取決め、となっている。この発表について欧州特許庁長官は、3月にEU理事会によって承認された「強化された協力(enhanced cooperation)」に続いて、制度創設に向けた重要な一歩である、と評価している。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。