Akamai Technologies, Inc. v. Limelight Networks, Inc.(Fed. Cir. 2011)

連邦巡回区控訴裁判所(CAFC)は4月21日、米国での共同侵害成立要件について大法廷(en banc)での審理を行うと発表した。

方法クレームについて直接侵害が成立するためには、全てのステップを具備している必要がある。このとき、複数の当事者が共同で全てのステップを実施した場合に、特許権侵害が成立するか否か問題となる。CAFCは、共同侵害が成立するためには「管理或いは命令に加え、一方の者による行為が他方の者に起因している関係」が必要であり、この関係を「代理人関係或いは、契約義務」と解釈していた。

大法廷では、どのような場合において共同侵害が成立するのか、また各当事者の責任の範囲について審理される予定である。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。