2011 年5月25日、欧州委員会は、欧州における統一的な特許保護の導入と、統合された特許裁判所の創設を目指した提案の推進を含む新たな知的財産権戦略を採択した。

欧州委員会は、知的財産権を取り巻く世界の変化にあわせて、制度の近代化が必要であるとした上で、統合裁判所の導入は訴訟に係る費用の低減と時間の短縮に繋がるとして、改革の必要性を唱えている。

採択された戦略では、特許だけでなく、商標、地理的表示、複数地域に係る著作権ライセンス、税関における知的財産権行使などに関する事項が含まれている。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。