インド特許庁は特許医薬の実施状況をホームページに公開する計画を立てているという。

また、公開される情報には、特許薬品の価格が公衆のニーズに合致しているか否かに関する内容が含まれる可能性があるという。医薬品関連特許の実施状況を透明化することは、自国内の需要に合致させる面において、更には薬の円滑な利用の面において、非常に重要なことであるとの認識のようである。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。