PPH MOTTAINAI試行プログラムが開始されます。

本文「特許庁は、我が国を含む8か国(日本、米国、英国、カナダ、オーストラリア、フィンランド、ロシア、スペイン)において、特許審査ハイウェイ(PPH)申請の要件を緩和し、対象案件を拡大した「PPH MOTTAINAI」試行プログラムを本年7月15日から開始することを発表しました。

PPHとは、ある国で特許権を取得することが可能と判断された出願について、出願人の申請により、別の国で簡易な手続で早期審査を受けられるようにする制度です。これまで、PPHの申請は、出願人が最先に特許出願をした国(第一庁)の審査結果に基づいてのみ可能でした。今回の試行プログラムでは、既に我が国とPPHを実施または試行している米国、英国、カナダ、フィンランド、ロシア、スペインとの間では、どの国に先に特許出願をしたかにかかわらず、参加国による特許可能との審査結果があれば、PPHの利用が可能となります。試行期間は1年間となっています。

詳細は、下記リンクをご参照下さい。

http://www.jpo.go.jp/ppph-portal/mottainai.htm

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。