メキシコへの商標出願において、優先権を主張するためには、従来、優先権証明書の提出が必要であったが、この義務が廃止となった。

出願人は、基礎の出願番号を知らせ、手数料を払うだけで済む。これにより、出願人の負担が大きく低減することが予想される。ただし、2011 年6 月11 日以降の出願が対象である点に注意が必要である。

※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。