2011 年7月12日、欧州連合司法裁判所は、仏ロレアル社等が米イーベイ社を訴えた裁判で、ユーザー(販売業者)による違法行為を認識した際にデータ削除等の行動を取らなかった場合には、インターネット市場運営会社に責任が課されると判示した。
※この記事は一般的な情報、執筆者個人の見解等の提供を目的とするものであり、創英国際特許法律事務所としての法的アドバイス又は公式見解ではありません。